PERSON

シニア事業やリノベーション事業、新たな領域を先頭で担いながら、スキルを高めていく。

シニア事業やリノベーション事業、新たな領域を先頭で担いながら、スキルを高めていく。

2016年入社 心理学専攻
住宅事業本部 分譲事業部 事業開発担当

大谷 愼平

自らつくり上げ、販売する醍醐味

自分がデベロッパーに就職する、というイメージはありませんでした。そもそもデベロッパーという存在を知りませんでした。当時を振り返ると、私は部活動を優先していて、就職活動を後回しにしていたように思います。社会人として何をしたいのかとようやく考え始めたときに、同じ部活の先輩がデベロッパーに就職したことを知り、俄然、デベロッパーに興味を持ちました。
一般的な営業職では、つくられた商品を売ることが仕事です。売れるかどうかは自分の力や工夫より、商品力に依存したものが多いように思われます。しかしデベロッパーは、自分が売るものを、自分の手でゼロからつくり上げる仕事だと思い、大きな魅力を感じました。 入社後の配属は、賃貸事業部のシニア事業担当です。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)「ウエリスオリーブ」シリーズの開業準備や運営を担いました。

自らつくり上げ、販売する醍醐味

開業前には、賃料の設定や建物管理会社や、給食事業者等の協力会社の選定、募集戦略の策定やパンフレットの作成、内覧会の準備などの業務があります。すでに開業している物件の運営担当としては、現地スタッフや入居者の意見を聞きながら、問題点を抽出し改善を進めることが必要となります。また、サ高住が「つなぐTOWNプロジェクト」※として、分譲マンションと一体で開発されている場合には、外部開放型のカフェレストラン「つなぐカフェ」の運営や集客、「つなぐTOWNプロジェクト」としての合同イベントの企画・開催も私の担当となりました。
分譲住宅事業は販売が終われば事業は完了します。しかし、サ高住などの賃貸住宅事業は、多くのお客さまに長く快適に利用していただくものです。開業後の運営が非常に重要であり、入居者、運営会社と共に日々、よりよい住宅に育てていかなければなりません。課題を見つけ改善していくということの繰り返しですが「よくなったね、ありがとう」という声を間近に聞くことができることは、大きなやりがいにつながります。

※つなぐTOWNプロジェクト:「サービス付き高齢者向け住宅」と「分譲マンション」を一体開発して多世代の家族が永く暮らせるコミュニティづくりをめざしたもの。

新たなノウハウの蓄積を先頭で果たす

新たなノウハウの蓄積を先頭で果たす

入社3年目の夏、私は同じ住宅事業本部の中の分譲事業部事業開発担当に異動しました。具体的な業務は、既存の高級賃貸物件を一棟あるいは一室単位で購入し、リノベーション※をして販売することです。既存の物件を活かし、新たな価値を加えて再生する事業は、空き家の急増が問題になっている今の日本に欠かせないものであり、社会的価値の高いものです。
販売価格は、時に一戸数億円にのぼります。「サ高住」のときとは企画内容も広告戦略や広告媒体、営業方法などもまったく異なり、当初は戸惑いもありました。しかし、現在では、これまでとは違ったお客さまに出会うことができるおもしろさを感じます。また、現在の部署では、自ら購入物件を発掘し、リノベーションの方針も自分で立て、施工し販売するという一連の事業を、ゼロから組み立てていくこともできます。ぜひチャレンジしてみたいと思っています。

サ高住や「つなぐTOWNプロジェクト」の事業、リノベーションによる中古物件の分譲事業は、当社にとってはまだ歴史の浅い取り組みであり、特にリノベーション事業は着手したばかりです。しかし、これまで手掛けてきた大規模再開発や分譲マンション事業以外に、デベロッパーとして多くの選択肢を持つことは、今後の会社の発展にとって重要なことです。新たなノウハウの蓄積を、先頭に立って果たしていきたいと思います。
入社してから、NTT都市開発は若いデベロッパーであり、設計事務所やゼネコンなどでの職務歴をもち、豊かな知識や経験を持った多種多様なプロフェッショナルが集まっている会社だと知りました。仕事の知識や進め方だけでなく、会話の仕方ひとつが私には勉強になります。ある上司から「私をめざしたら私以上の人間にはなれないぞ」と指導されました。そうかもしれません。上司ではなく、上司がめざすものを私も一緒に見ながら、成長していきたいと思います。

※リノベーション:大規模な建物改修工事を行うことで、性能の向上や、新たな付加価値を与えること

OTHER PERSON

  • 大杉 博弥
  • 中井 達郎
  • 栗原 佳奈子
  • 田中
  • 嶋 亜美花
  • 大谷
  • 佐々木
  • 本多
  • 原田 祐典
  • 周 翰韵