PERSON

開業前PMの仕事で学んだ管理の視点をデベロッパーとしての成長に活かしたい

開業前PMの仕事で学んだ管理の視点をデベロッパーとしての成長に活かしたい

2012年入社 都市工学専攻
NTT都市開発ビルサービス<出向>
ビルサービス事業本部 ビル事業企画部
事業推進担当(取材当時)

原田 祐典

誰に何を伝えるのか

生き物のように変化していく都市に興味があり、就職活動では、実際に都市をつくっていくデベロッパーとして仕事をしたいと思っていました。ゼネコンも検討していたのですが、デベロッパーの方がより大きな方向性を示すことができる存在だと思い、入社を決意しました。
最初の配属は開発推進部の企画担当(当時)です。まさに都市の再開発を担う希望通りの部署でしたが、至る所で自分の知識不足、力不足を痛感させられました。
例えば着任当初は若手社員の担当業務として会議の議事録を作成する仕事を任されました。それは自分が関わる再開発事業の全体像や流れを学ぶという意味でも重要なのですが、私が作成するものは、いつも真っ赤に修正されました。細部に立ち入りすぎて全体像がつかみにくかったり、逆に省略が多すぎたり、議事録として適切な情報を伝えられるものではなかったのです。誰に何を伝えるのか、そのためにどのような表現が必要なのか、そもそも自分の頭でしっかりと理解できているのか、そこから一つひとつ見直していかなければなりませんでした。

誰に何を伝えるのか

試行錯誤を繰り返し、多くのことを学びながら、3年間を大規模再開発事業の企画担当として経験した後、私は次の業務として、ぜひ管理に携わりたいと思いました。デベロッパーの仕事は、まず用地取得があり、次に企画と設計そして施工があり、さらに竣工後の管理があります。まだ経験していない管理業務を担いたいと考えたのです。

管理の経験を今後の糧に

管理の経験を今後の糧に

私はNTT都市開発ビルサービスに出向し、大手町二丁目の再開発プロジェクトで、開業前PM(プロパティマネジメント※)業務を担当することになりました。
この業務では、建物が竣工する前の段階で、管理に関するルール決めを行ったり、ビル開業後の管理の視点から設計のチェックを行い、必要に応じて設計変更や追加工事を依頼したりします。例えば「この部屋は誰の所有であり、清掃・警備等の管理は誰がして、光熱水費も含めた費用は誰が負担するのか」といったルールを検討し、地権者に提案していきます。あるいは「清掃員のための控室が、想定人数に比べて狭いのではないか」「エレベーターホールに採用予定の仕上げは汚れが付きやすい。コーティングをする等の検討も必要ではないか」といったことについて施行者・設計者・施工者と議論し、必要に応じて変更を依頼します。特に私が担当したプロジェクトは、延床面積約35万㎡の極めて規模の大きな建物を建設する事業でした。どこをどのような頻度で清掃するのか、計画づくりだけでも膨大な作業になりました。

また、出入口が多く、大手町と神田をつなぐ人道橋もあります。どの出入口をどの時間帯に開閉するか、この計画立案も簡単ではありません。さらに権利関係も非常に複雑です。誰がどの業務を誰に発注するのか、その費用は誰が負担するのか。スキームの整理も非常に苦労しました。
私が約3年間にわたって開業前PM業務を担ったプロジェクトは、「大手町プレイス」として無事開業の日を迎え、引き続き開業後のPM業務を担当しています。再開発事業の企画担当としては接する機会がなかったお客さまの姿が、今は日々目の前にあり、その声も届いてきます。入居されたお客さまに対する業務は、緊張感と難しさのあるものになるでしょう。しかし、建物の管理業務をみることによって、私は再開発事業に新たな視点を持つことができました。それは今後デベロッパーとして成長していくための貴重な財産になり、私自身のスキルアップにつながると確信しています。

※PM(プロパティマネジメント):不動産の価値を維持し高めるための運営管理業務

OTHER PERSON

  • 大杉 博弥
  • 中井 達郎
  • 栗原 佳奈子
  • 田中
  • 嶋 亜美花
  • 大谷
  • 佐々木
  • 本多
  • 原田 祐典
  • 周 翰韵