BUSINESS

Hotels & Resorts ホテル・リゾート

世界のトップブランドホテルを街づくりの魅力的なコンテンツとして活かす

NTT都市開発のホテル事業は、1994年のリーガロイヤルホテル広島から始まりました。以降、商業事業の一環としてホテル事業を進めてきましたが、さらなる強化を決断、2015年秋に商業事業本部内にホテル・リゾート事業部が新設されました。そこでめざしたのは量の拡大ではなく、NTT都市開発らしい、それぞれの土地の歴史や文化にこだわった上質なホテル、付加価値の高い開発です。

その柱の一つが、株式会社ひらまつとの業務提携で進める滞在型スモールラグジュアリーホテルです。三重・賢島、静岡・熱海、神奈川・仙石原、沖縄・宜野座の4カ所に続き、2020年3月に京都・役行者でも開業。また2018年8月には、東急不動産・ミリアルリゾートホテルズとの共同事業による「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」がオープンしました。

ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄

一方、京都市烏丸通りでは、2020年6月に「新風館・エースホテル京都」を開業しました。大正時代に建てられた京都市指定の登録文化財でもある旧京都中央電話局の建物を、保存・改修し地上7階建てに増築、ホテルと店舗、映画館の複合施設として開発したプロジェクトです。建築デザイン監修を隈研吾建築都市設計事務所が担当し、ホテルオペレーターはアジア初進出となるアメリカのエースホテル。地域コミュニティとのコラボレーションを重視し、新たな文化創出のハブをめざす画期的な事業に、各国からも大きな注目が集まっています。

新風館・エースホテル京都OFFICIAL HP

※写真提供:フォワードストローク

その他京都市では、元清水小学校跡地を活用したラグジュアリーホテル「The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu」を開発。昭和初期に建てられた同校校舎を保存、付属施設を新築し、上質なヘリテージ(遺産)ホテルへと再生する取り組みです。これまで同小学校が築いてきた地域とのつながりを重視し、ホテルオペレーターであるプリンスホテルが培ってきた「おもてなしの心」で、「記憶を刻み、未来へつなぐ」ホテルとして2020年3月に開業を迎えました。今後は同じく京都市内において、元新道小学校跡地を活用した「“街の記憶の継承”と“新たな共存価値”創造」をコンセプトとしたホテル開発を計画しています。

The Hotel Seiryu Kyoto KiyomizuOFFICIAL HP

※写真提供:フォワードストローク

さらに、福岡・今泉公園前ではホテルと商業の複合施設の開発が2021年6月の開業に向けて進行中です。客室を運営するのは、シンガポールに本社を置くアスコット社。同社が展開するミレニアル世代に的を絞ったホテルブランド「lyf(ライフ)」の、日本初上陸となります。アスコット社の親会社とはサービスレジデンス開発についても業務提携、今後共同での宿泊事業を検討しています。

今泉公園前プロジェクト・lyf Tenjin Fukuoka

※写真提供:フォワードストローク

パートナー企業とのコラボレーションを軸に、既存のものを持ち込むのではなく、場所性、環境、独自性にこだわりその土地、地域に最もふさわしいものを世界中から探して誘致する。そして長い継続性をもって新たな歴史を積み重ねていく。それが、NTT都市開発の展開するホテル・リゾート事業です。
2019年7月に本格始動したNTTアーバンソリューションズのもと、NTTグループの保有不動産やICT技術を駆使した新たな街づくりへのチャレンジが始まっています。ホテルは、文化を醸成・発信し、街に付加価値をもたらす重要なコンテンツ。独自の道を歩むNTT都市開発のホテル・リゾート事業が、街づくりの新たな時代を切り拓いていきます。

OTHER BUSINESS CONTENTS

  • 開発開発
  • 商業商業
  • ホテル・リゾートホテル・リゾート
  • 住宅住宅
  • グローバルグローバル
  • UD PROJECT MAPUD PROJECT MAP
  • 事業案内事業案内